TOP > CLUMN

OTHERArticle details

OTHER

瞑想中に感じる「眉間のムズムズ」は“新たな道開け”のサイン

身体が硬くても、心が乱れがちでもマスターできるヨガと瞑想。
「スンニャターヨガ」主宰の茂木敦子です。

14938313_1161058523947870_2759572740613609372_n

◎瞑想中に感じる「眉間のムズムズ」は“新たな道開け”のサイン◎
今日も、私がヨガや瞑想を続けてみて感じた変化についてシェアしていきます。

今回は「瞑想中に感じる眉間のムズムズと、“道開け”の深い関係」についてです。

img_0079

ヨガや瞑想をしているとき、

眉間のあたりがムズムズすること・・・ありませんか?

普段、クラスに参加されている生徒さんからも

「眉間がムズムズする・・・気になる!」とお話をよくうかがいます^^

私も、ヨガをはじめて3年ほど経った頃から

ヴィパッサナー瞑想を始めたときや、
ヒーリングについて学び始めた頃などに。。。
「眉間のムズムズ」をよく感じました^^

眉間のあたり

・・・こう、肌のほうというか
表面のかゆみではないんですよね。

内側からくるムズムズというか。

じわじわする・・・という表現も、近いかな?

とにかく、その感覚が気になるんですよね。

この感覚が来る前に、

その前兆といいますか
よくある感覚があるんですよね。

お腹を下したり、

ノドが晴れて、時にはしゃべるのも困難なほどになったり
カーッと熱が出てぼーっとしたり

身体に溜まっている古いもの(老廃物など)が一掃され

免疫力がアップするときに
よく起こる反応です。

10298795_992166674170390_8776602992395279499_n

眉間のムズムズは、いつ来るのか

それは何を意味しているのか

どうしてそんなことが起こるのか・・・

これは、人により様々ですが

眉間のムズムズを実際に体験して

その後も観察を続け、

同じように「眉間がムズムズする」と言っている生徒さんのお話や

その後の経過について様子を伺っていった結果

“瞑想中に感じる「眉間のムズムズ」と生活との相関性について
共通することが、いくつか見えてきました。

抽象的な表現になりますが

それは「新しい扉がひらく」「新しい道が開ける」といった感じです。
あとは、「からだの使い方を一新するタイミング」であるということ。

自分のからだのなかで、パラダイムシフトが起こるようなイメージです。
それは例えば、「天動説」と「地動説」くらい全く違う考え方の転換です。

image2-2

眉間には「アッギャ・チャクラ」があります。

これは、パワースポットのようなもので
一日中心が休まず、考え事ばかりしている時や
眉間に皺が寄っているときは、このチャクラは閉じます。

身体の力みが取れて、感覚が戻ってくると

自然にそのチャクラは開き、輝きを取り戻します。
(ほんとうに、ここのチャクラが開いていると
光輝いているのが目視できるのですよ!)

眉間のムズムズは、このチャクラが開いている

しるしのようなものなんです^^

このチャクラが開くことで

それまでのあらゆる考え方

自分自身との付き合い方について

食べ物との付き合い方

時間の使い方

自分が身につけるもの

運動

自分が信じるもの

家族との付き合い方

友人との付き合い

・・・それらがガラッと変化する可能性があります。

仮想1

なかでも、特に顕著に反応を示すのが

仕事に対する考え方。

たとえば、カレンダー通りに仕事をしているとしましょう。

日曜日の夕方。

「あ~ぁ、明日からまた仕事かぁ・・・」という感覚。
↑これが、本気で嫌になります^^;

ほんっとうに、嫌で嫌でしょうがなくなるんですよ。

他には、家事(これも、尊い仕事ですね。)をしているとき。

「料理するのは好きなんだけど、洗い物が嫌だな~」(わたしはいつもそう!笑)

時には

「あ~ぁ、きょう料理するの嫌だなぁ」(わたしもよくあります!笑)
これらも、ほんっとうに嫌でたまらなくなります。

これは「怠け」とも違う感覚なんですよ。

自分に嘘がつけなくなるかんじ。

世間体とか、生活のためとか、
旦那さんに嫌われるかもとか・・・

そういう「あらゆる心配事」の奥にある
ほんとうは、こうしたい」という本音がハッキリと見えてくるんです.
それを、もう隠さなくなる。

もちろん

この世に存在するあらゆる仕事のなかで
尊くない仕事はありません。

たとえあなたにとって「取るに足らない仕事」だとしても

それでもやはり、尊いのです。

そして、大切なのは

その仕事が
自分がほんとうにやりたい仕事かどうか
・・・なんだと思うんです。

アッギャ・チャクラが開くことで、

「わたし、これを作っている時は

余計な考え事も忘れて夢中になるなぁ」

「これを手にした人が悦んでくれると

わたしも嬉しいなぁ」

「あぁ、こんな仕事ができたら幸せだな」

・・・そんな「新しい扉」が、自然と開きます。

扉の先には、

道先を案内してくれる人
その人にとって、その仕事にとって
必要な知識を持っている人が待っています。

そう。決してひとりぼっちではないんですよ。

そこには、必要な人が必要な分だけ待っている。

夕方1

生活のため

世間体のため
親が安心するから

・・・そこから少し離れて

仕事に対する思いの中心に、「自分」がいる。

そうすると

あれだけ「いやだなぁ」と思っていた感覚が
どんどん弱くなっていることに気づくでしょう。

日曜日が嫌いではなくなるし

休みの日も、仕事の日も、家事から
「嫌」が、ひとつずつ消えていきます。

時に「新しい扉」の先で

思い悩み、足がすくむこともあります。

自分が歩いて来た道とは、全く歩き方が違うこともありますから^^;

「自由」は、時として苦しい。

慣れるまでは、時間をかけたほうがいいでしょう^^

その価値は十分にありますよ^^
悩むということは
それだけ好きで好きでたまらない!という証拠なんです。

(興味が無くて、得意分野でもなければ

悩むことすらありません。)

16508341_1256134531106935_5617290035797799559_n

自分のからだに備わった

「新しい扉」が開いたら

よりいっそう

ご自身の身体やこころをよーく観察してみてくださいね^^♪

そんな風に、

ヨガや瞑想は、ふとした時に
不思議で愉快な感覚をプレゼントしてくれます^^
ヨガや瞑想をされたときは、ぜひ受け取ってみてくださいね^^

【インタビュー記事掲載】 

「一生ものの趣味を身につけよう!」
女性向け趣味サイト「Syumily」にて
インタビュー記事が掲載されました。
========================
インタビュー記事
スタジオ紹介ページ
========================

関連記事