TOP > CLUMN

OTHERArticle details

OTHER

慢性鼻炎が根治した話〜「鼻」は嘘がつけない

身体が硬くても、心が乱れがちでもマスターできるヨガと瞑想。
「スンニャターヨガ」主宰の茂木敦子です。

11951184_903642683022790_5114498841122619829_n

これからしばらくの間
わたしがヨガや瞑想を続けてく中で
感じた変化についてシェアしていこうと思います。

今回は、「鼻」の変化についてです。

わたしは、幼い頃から鼻炎に悩まされていました。

ブログでも何度か紹介しましたが

最もひどい頃は10代~20代前半でした。

「スギ」「ブタクサ」「ハウスダスト」のアレルギーで、

春・夏・秋は必ず耳鼻科へ通っていました。

一日中くしゃみと鼻づまりで頭がぼーっとして、
症状がひどい時は外出出来ないほどでした。

もちろん、ティッシュと鼻炎薬は常備。

薬を飲むと、喉がカラカラに渇き、ぼーっとしてツラかったけれど
鼻炎は一生付き合うものなのだ・・・と諦めていました。

22歳のころ、ヨガの師匠であるニーマル先生に

アーユルヴェーダ(インドの伝統医学)について教わる機会があり、

「慢性鼻炎や花粉症は、薬を使わずして治すことができる」と知ったときは

とても驚きました。

135697_474535966810_182777_o(写真中央:ニーマル先生)

アーユルヴェーダは、自然療法であるため

即効性はありません。

対処療法でなく、根源治療。

私がそれまでの人生であれだけ悩まされていた

「鼻炎」という病の根を絶つには、約5年の歳月を要しました。

5年間のあいだ、いろいろなことをやりました。

 

◎マスタードシードオイルの点鼻

これは、アーユルヴェーダの処方のひとつ。

毎朝、起き抜けに鼻にオイルを垂らすんです。

コレが、ツーーン!として一気に目が覚める!笑

鼻炎の主な原因である「鼻腔の乾き」がなくなり、

とっても効果がありました。

 

◎塩水を使って、喉の膿を取り除く吐瀉法(としゃほう)

これも、アーユルヴェーダの処方のひとつ。

生理食塩水を500ミリリットル「くいっ」と飲み
1分ほど立ったままで待機。

その後、喉の奥をぐいっと指で押さえて
一気に喉の奥や鼻腔周辺に溜まった膿を吐き出します。

(※専門家の指導の元行ってください。とても危険です。)

なかなか過激でしたが、喉だけでなく瞳の周辺の膿も取り除けて

意識もクリアになっていきました^^

 

◎何種類もの呼吸法

これも、アーユルヴェーダの処方のひとつ。

呼吸法をはじめたての頃は呼吸が浅すぎて、
先生に胸をドンドン叩かれました(笑

(壁ドンならぬ、胸ドン)

おい、生きてるか!?全然呼吸できてないぞ!と
めっちゃ心配されました^^;

 

◎断食

これも、アーユルヴェーダの処方のひとつ。

私は「週に一度、前日の夜〜明くる日の夜まで食事を抜く断食法」を
2年ほど続けました。

この断食法を半年ほど続けた頃に
7日間連続断食にトライ。

断食期間中は、毎日ミネラルウォーターとりんご1個だけ摂取していました。

はじめは体温が下がったり、便秘になり
体がだるくなったりして大変でしたが

3日目を過ぎたあたりから信じられないほど体が軽くなりました。

そしてあんなに悩んでいた鼻炎が
断食を続けたあたりから気にならなくなったのです!

食べ物と鼻炎がこんなにも深く関わっていたなんて驚きでした。

食べ物を選べるようになるだけでも、鼻炎の症状は軽くなりますね^^

(※断食は、専門家の指導の元行ってください)

◎ヨガ、ヨガ、ヨガ!

それはもう、夢中で^^♪

◎瞑想!瞑想!瞑想!

しつこい?笑^^
%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f%ef%bc%91

・・・おおまかに紹介すると、以上のようなことを実践しました。

完治するまでは時間がかかったものの
実践するたびに症状が軽くなっていくのがわかり、
とても嬉しかったのを覚えています。

そして、いろいろ実践していくうちに
気づいたんです。

「鼻は、嘘をつくことができない」

 

鼻炎って、原因が特定しやすい症状なのですが
主な原因は「眉間とその周辺に膿が溜まっているから」なんです。

img_2750

ではなぜ、そこに膿が溜まるのでしょう?
もとを辿っていくと、
そこには「あらゆる思考や感情が溜まったまま」でいると詰まってしまう。

「ほんとうは泣きたいのに、我慢をする。」
「必要以上に、執拗に考え込む。」
これが習慣になってしまうと、どんどん眉間周辺には膿が溜まって行く。

それに気づいた瞬間から、
わたしの鼻は劇的に変化していきました。

Mac00018299

鼻が詰まるたび
「なにか、我慢していることはある?」
「あぁ、また考えすぎているね。」
そんな風に、自分に意識が向くようになりました。

意識の向いたほうへ、身体は自然と変化していく。

いまは、日常生活のなかで意識が向かなかったときは

瞑想や呼吸法の時に「鼻をかまう」ようにしています^^

そんな風に、

ヨガや瞑想は、ふとした時に

不思議で愉快な感覚をプレゼントしてくれます^^

ヨガや瞑想をされたときは、ぜひ受け取ってみてくださいね^^♪

【インタビュー記事掲載】 

「一生ものの趣味を身につけよう!」
女性向け趣味サイト「Syumily」にて
インタビュー記事が掲載されました。
========================
インタビュー記事
スタジオ紹介ページ
========================

関連記事